ホーム > 年度別ドラフト会議
年度別ドラフト会議の記録





1965(昭和40)年 第1回ドラフト会議
堀内(甲府商)は巨人、センバツV投手の平松(岡山東商)はプロ拒否、長池(法大)は阪急
1966(昭和41)年 第2回ドラフト会議 【1次】
江夏豊(大阪学院高)を、巨人、阪神、東映、阪急の4球団が1位にランク
1966(昭和41)年 第2回ドラフト会議 【2次】
八木沢(早大)は東京、西本(松山商)は広島、平松(日本石油)は大洋へ
1967(昭和42)年 第3回ドラフト会議
六大学のスター・高田繁(明大)は巨人へ。三輪田(早大)と藤原(慶大)は拒否
1968(昭和43)年 第4回ドラフト会議
史上まれにみる大豊作。田淵・山本浩・富田(法大)、星野(明大)、東尾(箕島)など大物ズラリ
1969(昭和44)年 第5回ドラフト会議
甲子園が生んだ空前のヒーロー・太田幸司(三沢)は近鉄へ。荒川(早大)は希望外の大洋が指名
1970(昭和45)年 第6回ドラフト会議
佐伯(広陵)、島本(箕島)、湯口(岐阜短大付)の高校三羽ガラスに人気が集中
1971(昭和46)年 第7回ドラフト会議
大物選手不在。大学日本一の左腕・山本(亜大)は阪神。小林繁(全大丸)は巨人6位
1972(昭和47)年 第8回ドラフト会議
甲子園の星・ジャンボ仲根(日大桜丘)は近鉄1位。いの一番くじ・大洋は長崎(法政大)
1973(昭和48)年 第9回ドラフト会議
30年に一人の大物・江川卓(作新学院)を阪急が強行指名するが拒否。プリンス山下(慶大)は大洋へ
1974(昭和49)年 第10回ドラフト会議
甲子園の悲劇のヒーロー・定岡(鹿児島実)は巨人。快速右腕の山口(松下電器)は阪急へ
1975(昭和50)年 第11回ドラフト会議
甲子園の星・杉村(高知)はヤクルト1位、篠塚(銚子商)は巨人1位、絶好調の中畑(駒大)は巨人3位
1976(昭和51)年 第12回ドラフト会議
怪物サッシーこと酒井(長崎海星)はいの一番くじのヤクルトへ。原、津末(東海大相模)は大学進学
1977(昭和52)年 第13回ドラフト会議
怪物江川(法政大)はクラウン1位拒否。「九州の江川」こと子連れ大学生の門田は大洋1位
1978(昭和53)年 第14回ドラフト会議
巨人はドラフトボイコット。ドラフト前日の「空白の一日」で江川と契約するも、セ・リーグは却下
1979(昭和54)年 第15回ドラフト会議
東京六大学のホームランバッター・岡田(早稲田大)と、前年広島1位拒否の木田(日本鋼管)に注目
1980(昭和55)年 第16回ドラフト会議
人気の原(東海大)は巨人、実力の石毛(プリンスホテル)は西武、愛甲(横浜高)はロッテへ
1981(昭和56)年 第17回ドラフト会議
即戦力の津田(協和醗酵)はすんなり希望のカープへ。金村(報徳学園)は希望の阪急入りならず
1982(昭和57)年 第18回ドラフト会議
甲子園のヒーロー・荒木大ちゃんはヤクルトへ。やまびこ打線のエース・畠山(池田)は南海へ
1983(昭和58)年 第19回ドラフト会議
高校生が大豊作。水野(池田)、藤王(享栄)、小野(創価)、渡辺(前橋工)等、ズラリ勢揃い
1984(昭和59)年 第20回ドラフト会議
広沢、竹田の明治大コンビに指名が集中。不作の年といわれたが2位以下に実力派が多数
1985(昭和60)年 第21回ドラフト会議
甲子園のヒーロー・清原(PL学園)に6球団、巨人は早大進学希望の桑田(PL学園)を1位入札
1986(昭和61)年 第22回ドラフト会議
甲子園の怪物左腕・近藤(享栄)に5球団、大学1の左腕・阿波野(亜大)に3球団の指名が集中
1987(昭和62)年 第23回ドラフト会議
立浪(PL学園)、川島(東亜学園)、鈴木(浦和学院)など高校生が豊作。長嶋(立教大)はヤクルトへ
1988(昭和63)年 第24回ドラフト会議
西武はウルトラCでプロ拒否の超大物・渡辺(NTT四国)、石井(プリンスホテル)を二人とも獲得
1989(平成元)年 第25回ドラフト会議
ドラフト史上最多の8球団が野茂(新日鉄堺)に。甲子園のアイドル・元木(上宮)はダイエー拒否
1990(平成 2)年 第26回ドラフト会議
小池(亜大)に8球団が競合しロッテが交渉権獲得。ハワイで野球浪人中の元木は念願の巨人へ
1991(平成 3)年 第27回ドラフト会議
即戦力候補ナンバーワン若田部(駒沢大)は4球団競合。世界のイチローこと鈴木一朗はオリックス4位
1992(平成 4)年 第28回ドラフト会議
怪物松井(星稜)は4球団の抽選の結果、巨人が交渉権獲得。バルセロナ五輪組解禁で人気に
1993(平成 5)年 第29回ドラフト会議
逆指名制度ができ、契約金は青天井で一億円選手続出。これが後に球界を震撼させた脱税事件へ
1994(平成 6)年 第30回ドラフト会議
山内(日体大)は広島、河原は巨人を逆指名。城島(別府大付)をダイエーが強行指名し物議を醸す
1995(平成 7)年 第31回ドラフト会議
甲子園のスラッガー・福留孝介(PL学園)に7球団競合、近鉄が交渉権獲得するも入団拒否
1996(平成 8)年 第32回ドラフト会議
アトランタ五輪メンバー解禁で大豊作 井口、松中、谷、川村、今岡等々、即戦力ズラリ
1997(平成 9)年 第33回ドラフト会議
田淵の本塁打記録を更新した六大学のスター高橋由信(慶応大)は巨人を逆指名
1998(平成10)年 第34回ドラフト会議
平成の怪物・松坂大輔は希望の横浜ベイスターズ入りならず 新垣渚はオリックス拒否
1999(平成11)年 第35回ドラフト会議
河内は抽選で広島カープが交渉権獲得 甲子園V投手・正田(桐生第一)は日本ハムへ
2000(平成12)年 第36回ドラフト会議
即戦力候補の山田(立命館大)と山村(九州共立大)獲りに成功しダイエータカ笑い
2001(平成13)年 第37回ドラフト会議
自由枠導入元年。甲子園のヒーロー・154キロ右腕の寺原隼人(日南学園)に4球団 
2002(平成14)年 第38回ドラフト会議
江川の奪三振記録を更新した和田(早大)はダイエーへ。松坂世代とよばれる大学組が豊作の年
2003(平成15)年 第39回ドラフト会議
岡田二世の呼び声高い鳥谷(早大)は阪神、甲子園の星・香月(柳川)は近鉄へ
2004(平成16)ドラフト会議
2005(平成17)高校ドラフト大学・社会人ドラフト育成ドラフト
2006(平成18)高校ドラフト大学・社会人ドラフト育成ドラフト
2007(平成19)高校ドラフト大学・社会人ドラフト育成ドラフト
2008(平成20)ドラフト会議育成ドラフト会議
2009(平成21)ドラフト会議育成ドラフト会議
2010(平成22)ドラフト会議育成ドラフト会議
2011(平成23)ドラフト会議育成ドラフト会議
2012(平成24)ドラフト会議育成ドラフト会議
2013(平成25)ドラフト会議育成ドラフト会議
2014(平成26)ドラフト会議育成ドラフト会議
2015(平成27)ドラフト会議育成ドラフト会議