ホーム > 年度別ドラフト会議 > 
1976年(昭和51年)ドラフト会議 〜ドラフト概要〜


ヤクルト 広島 大洋 阪神 中日 読売 ドラフト概要
近鉄 ロッテ 阪急 クラウン 日本ハム 南海 選択方法



高校生が大豊作の年。投手では、怪物サッシーとよばれ甲子園を沸かせた酒井圭一(海星)。野手では、甲子園のアイドル・原、ホームラン打者・津末の東海大相模コンビが注目されたが、系列の東海大学に進学することになり、プロ拒否宣言。


●怪物サッシー・酒井圭一(長崎海星高)はいの一番くじを引いたヤクルトへ
16連続奪三振の記録をひっさげて、夏の甲子園に出場。「怪物サッシー」とよばれた酒井圭一は噂通りの速球を披露し、長崎海星高をベスト4に導いた。

ヤクルトの松園オーナーが同じ長崎出身で、郷土の英雄・酒井獲得に御熱心だったらしく、ドラフト会議ではいの一番くじを引き当てたヤクルトは迷わず酒井を指名。

プロでは、中継ぎとしての登板が多く、やや期待外れの成績で終わった。


●春の甲子園優勝メンバーの山崎隆造(崇徳高)は地元のカープへ
春のセンバツ大会は3番ショートで出場し、崇徳高の優勝に貢献。夏の甲子園は海星・サッシーに0−1で敗退。

プロでは、走好守三拍子揃った選手として活躍し、高橋慶彦との俊足1、2番コンビは他球団を震え上がらせた。通算成績は1531試合出場、1404安打、88本塁打、打率.284。

崇徳高から他に、黒田(日本ハム1位拒否)、小川(広島5位)、応武(近鉄3位拒否)が指名された。


●柳川商高から久保康生、立花義家、末次秀樹の三選手が指名される
久保康生は投手立花義家は一塁手末次秀樹は捕手として、この年の夏の甲子園出場。優勝候補と期待が大きかったが、三回戦でPL学園に惜敗した。

近鉄に1位指名され入団した久保は、プロ21年間で71勝30Sをマーク。

クラウン1位で入団した立花は、「史上最年少の4番打者」とよばれ、プロ4年目には3割をマーク。

夏の甲子園で8打席連続ヒットの新記録を樹立した末次捕手は、日本ハムに3位指名されるも拒否し、中央大〜ヤマハを経て、現在、母校の柳川高監督。


●斉藤明雄(大阪商大)は大洋1位
花園高〜大阪商大。高校時代は目立った活躍はないものの、大学時代は2年連続日米大学野球選手権に選出された実力の持ち主。

プロでは入団一年目に8勝をマークし、新人王を受賞。最優秀防御率(1982年)、最優秀救援投手(1983年、1986年)などのタイトルを獲得。


●その他、指名された主な選手は
投手では、通算85勝の梶間健一(ヤクルト2位)、最優秀防御率(1986年)と最多勝利(1985年)などのタイトルを獲得した佐藤義則(阪急1位)、通算110勝の仁科時成(ロッテ3位)、最優秀救援投手(1981年)に輝いた角三男(巨人3位)、1982年に16勝をマークした都裕次郎(中日1位)

野手では、1984年に本塁打王に輝いた宇野勝(中日3位)、1982年と1983年の盗塁王・松本匡史(巨人5位)、通算1400安打のカズこと山本和範(近鉄5位)、1982年にゴールデングラブ賞を受賞した大宮龍男(日本ハム4位)、26歳の若さで亡くなった久保寺雄二(南海2位)らが指名された。





1976年(昭和51年)ドラフト会議の結果

ヤクルト 【指名順位1番目】
1位 酒井 圭一 長崎海星高 投手
2位 梶間 健一 日本鋼管 投手
3位 松崎 泰治 協和醗酵 内野手
4位 黒坂 幸夫 鷺宮製作所 投手
5位 高橋 寛 松下電器 捕手
6位 吉川 盛男 横浜高 外野手
プロ入り後の成績
 
中日 【指名順位2番目】
1位 都 裕次郎 堅田高 投手
2位 生田 裕之 あけぼの通商 投手
3位 宇野 勝 銚子商高 内野手
4位 今岡 均 中京商高 投手
5位 高元 勝彦 廿日市高 投手
6位 中原 勇一 東筑高 捕手
プロ入り後の成績
 
大洋 【指名順位3番目】
1位 斉藤 明雄 大阪商大 投手
2位 丸谷 富美幸 日南振徳商高 投手
3位 山村 陽一 福岡稲筑高 投手
4位 坂本 照彦 市立銚子高 内野手
5位 安田 尚弘 報徳学園高 投手
6位 西連寺 隆 水城高 投手
プロ入り後の成績
 
巨人 【指名順位4番目】
1位 藤城 和明 新日鉄広畑 投手
2位 赤嶺 賢勇 豊見城高 投手
3位 角 三男 三菱重工三原 投手
4位 吉沢 克美 国学院久我山高 投手
5位 松本 匡史 早稲田大 内野手
6位 笠間 雄二 電電北陸 捕手
プロ入り後の成績
 
阪急 【指名順位5番目】
1位 佐藤 義則 日本大 投手
2位 森本 進 宇治山田商高 内野手
3位 吉沢 俊幸 早稲田大 外野手
4位 平山 正人 新日鉄堺 投手
5位 根本 俊郎 河合楽器 投手
6位 山本 良材 鷺宮製作所 投手
プロ入り後の成績
 
近鉄 【指名順位6番目】
1位 久保 康生 柳川商高 投手
2位 石原 修治 我孫子高 内野手
3位 応武 篤良 崇徳高 捕手
4位 渡辺 麿史 日鉱佐賀関 投手
5位 山本 和範 戸畑商高 投手
6位 市川 和正 国府高 捕手
プロ入り後の成績
クラウン 【指名順位7番目】
1位 立花 義家 柳川商高 内野手
2位 徳山 文宗 立命館大 外野手
3位 弓岡 敬二郎 東洋大姫路高 内野手
4位 坂田 松一 亜細亜大 内野手
5位 米沢 馨 三重海星高 投手
6位 山村 勝彦 大鉄高 外野手
プロ入り後の成績
 
ロッテ 【指名順位8番目】
1位 森 繁和 駒沢大 投手
2位 前川 善裕 日本鋼管 外野手
3位 仁科 時成 大倉工業 投手
4位 坂川 重樹 洲本実高 内野手
5位 伊藤 浩 東金商高 投手
 
プロ入り後の成績
 
日本ハム 【指名順位9番目】
1位 黒田 真二 崇徳高 投手
2位 藤沢 公也 日鉱佐賀関 投手
3位 末次 秀樹 柳川商高 捕手
4位 大宮 龍男 駒沢大 捕手
5位 柿田 登 宇部商高 外野手
6位 下田 充利 東岡山工高 投手
プロ入り後の成績
  
南海 【指名順位10番目】
1位 武藤 一邦 秋田商高 外野手
2位 久保寺 雄二 静岡商高 内野手
3位 唐木 祥一 柳井商高 投手
4位 村上 之宏 日通浦和 投手
5位 相方 裕二 盈進高 捕手
6位 上野 克二 市神港高 外野手
プロ入り後の成績
 
広島 【指名順位11番目】
1位 山崎 隆造 崇徳高 内野手
2位 土居 正史 日本石油 投手
3位 平田 英之 立命館大 投手
4位 立野 政治 日本楽器 投手
5位 小川 達明 崇徳高 外野手
6位 山本 穣 宇治山田商高 捕手
プロ入り後の成績
 
阪神 【指名順位12番目】
1位 益山 性旭 帝京大 投手
2位 続木 敏之 新居浜商高 捕手
3位 川辺 邦好 三菱重工神戸 内野手
4位 峯本 達雄 新日鉄堺 外野手
5位 渡辺 純志 東洋紡岩国 内野手
6位 山田 和英 大阪柏原高 投手
プロ入り後の成績





1976年(昭和51年)ってどんな年?
日本レコード大賞 都はるみ「北の宿から」
最優秀新人賞 内藤やす子「想い出ぼろぼろ」
世相や流行 およげ!たいやきくんが大ヒット
流行言葉 ピーナッツ 記憶にございません
社会の出来事 ロッキード事件で田中角栄逮捕  ミグ25亡命事件
プロ野球の優勝チーム セ:巨人76勝45敗9引 パ:阪急79勝45敗6引
プロ野球の最優秀選手 セ:王貞治(巨人) パ:山田久志(阪急)
春の甲子園優勝校 崇徳(バッテリー:黒田−応武)
夏の甲子園優勝校 桜美林(バッテリー:松本−渋谷)