ホーム > 年度別ドラフト会議 > 
1995年(平成7年)ドラフト 〜ドラフト概要〜


ヤクルト 広島 横浜 阪神 中日 読売 ドラフト概要
近鉄 ロッテ オリックス 西武 日本ハム ダイエー 選択方法



この年の注目選手は「10年に一人の逸材」といわれる福留孝介(PL学園)。高校生としてはドラフト史上最高となる7球団が競合した。


●甲子園の怪物・福留孝介(PL学園)に七球団が競合
鹿児島県から大阪・PL学園高に野球留学。高校3年夏の大阪大会では、決勝の市岡戦までの8試合で7本塁打をマークし、高校の先輩・清原和博(PL学園〜西武)の5本を更新。さらに甲子園・1回戦の北海道工戦で、2打席連続本塁打を放ち、「10年に一人の逸材」と騒がれた。

ドラフト会議では、巨人、中日、ヤクルト、近鉄、日本ハム、ロッテ、オリックスの7球団の競合の末、近鉄が交渉権を獲得。見事あたりくじを引き当てた近鉄・佐々木監督は「よっしゃー」と勝利の雄叫びをあげるも、福留は近鉄への入団を拒否し、日本生命に進んだ。


●天才・仁志敏久(日本生命)は巨人逆指名
常総学院高〜早稲田大〜日本生命。常総学院高時代は高校一年夏二年夏三年夏と、三回甲子園へ出場。特に1年時の活躍は目をみはるものがあり、上原(沖縄水産〜中日)伊良部(尽誠学園〜ロッテ)木村(中京〜青学大〜巨人)川島(東亜学園〜広島)野村(PL学園〜大洋)と、後にプロ入りする投手相手に、22打数8安打、1本塁打の活躍で、準優勝に貢献した。

高校卒業後、早稲田大へ進学。大学では、4年春のリーグ戦で、東京六大学タイ記録となる6本塁打を放ち、大学通算11本塁打をマーク。日本生命を経て、巨人を逆指名し入団。プロ1年目に114試合出場し、7本塁打、打率.270をマークし、新人王を獲得。ゴールデングラブ賞を四回受賞(2002年まで)した守備の名手。


●「西の福留、東の澤井」…澤井良輔(銚子商)は地元のロッテへ
銚子商高の4番打者として、春のセンバツは準優勝、夏の選手権はベスト8進出に貢献。甲子園では高校生離れしたバッティングを披露し、「西の福留、東の澤井」と称された。

ドラフトでは地元のロッテが1位指名。将来の四番として期待されて入団したが、現在までパッとした成績を残していない。


●高木大成(慶応大)は西武逆指名
桐蔭学園〜慶応大。高校時代は、副島孔太(2年・のちにヤクルト)、高橋由伸(1年・のちに巨人)とともに甲子園へ出場し、11打数6安打、打率.352の大暴れ。高校生離れした強肩と絶妙の牽制、そして高校野球では珍しい審判への抗議、足も速く、キャッチャーとしては異例の1番打者として甲子園を沸かせた。

高校卒業後、慶応大へ進学し、通算13本塁打をマーク。プロでは2年目に規定打席に到達。高校〜大学と、捕手として評価されていた高木だが、プロでは一塁手部門でゴールデングラブ賞を二回受賞。


●野村克也監督の息子はヤクルト3位指名
堀越高〜明治大。高校時代は甲子園出場こそならなかったが、南海ホークスで活躍した野村克也の息子ということで話題の選手だった。

明治大2年の秋リーグ戦で首位打者と打点王のタイトルを獲得。翌年、捕手転向。慣れないポジションで打率はがた落ちしたが、実父が監督をつとめるヤクルトに3位指名され入団。1999年、実父・野村克也は阪神の監督になり、翌年、追うように克則も阪神へ移籍。

長嶋茂雄の長男・一茂が巨人へ移籍した際に、「父子が同じチームでやるのは好ましくない」と苦言を呈した野村克也氏であるが、やはり我が子が可愛かったか。


●その他、指名された主な選手は
投手では、カープの若きエース・長谷川昌幸(広島1位)、2年連続10勝の門倉健(中日2位)、 2年目に10勝をマークした岡本晃(近鉄2位)

野手では、入団5年目に3割をマークした武藤孝司(近鉄3位)、俊足巧打の大友進(西武2位)、打率3割の常連・清水隆行(巨人3位)らが指名された。





1995年(平成7年)ドラフト会議の結果


ヤクルト
1位 三木 肇 上宮高 内野手
2位 宮出 隆自 宇和島東高 投手
3位 野村 克則 明治大 捕手
4位 石井 弘寿 東京学館高 投手
プロ入り後の成績

オリックス
1位 今村 文昭 九州学院高 内野手
2位 川崎 泰央 敦賀高 投手
3位 日高 剛 九州国際大付高 捕手
4位 太田 敦士 仙台高 投手
5位 田中 雅興 熊本工高 外野手
プロ入り後の成績



広島
1位 長谷川 昌幸 市銚子高 投手
2位 吉年 滝徳 関西高 投手
3位 玉木 重雄 三菱自動車川崎  投手
4位 伊与田 一範 千葉経大付高 捕手
5位 高山 健一 本田技研 内野手
6位 鈴衛 佑規 伊丹西高 捕手
プロ入り後の成績

ロッテ
1位 澤井 良輔 銚子商高 内野手
2位 薮田 安彦 新日鉄広畑 投手
3位 飯田 雅司 敦賀気比高 投手
4位 早川 健一郎 日産自動車 外野手
5位 松本 尚樹 住友金属 内野手
6位 末広 五大 熊本工大高 内野手
7位 天野 勇剛 仙台育英高 内野手
8位 大橋 晋也 駒沢大 捕手
プロ入り後の成績



巨人
1位 原 俊介 東海大相模高 捕手
2位 仁志 敏久 日本生命 内野手
3位 清水 隆行 東洋大 外野手
4位 大場 豊千 上宮高 投手
5位 大野 倫 九州共立大 外野手
6位 小林 聡 水戸農高 投手
プロ入り後の成績

西武
1位 高木 大成 慶応大 捕手
2位 大友 進 東京ガス 外野手
3位 小石沢 浄孝 盛岡大付高 投手
4位 岸川 雄二 神奈川大 内野手
5位 原井 和也 松下電器 内野手
プロ入り後の成績



横浜
1位 細見 和史 同志社大 投手
2位 関口 伊織 日本通運 投手
3位 横山 道哉 横浜高 投手
4位 杉山 俊介 砂川北高 捕手
5位 鶴岡 一成 神港学園高 捕手
プロ入り後の成績

日本ハム
1位 中村 豊 明治大 外野手
2位 荒井 修光 早稲田大 捕手
3位 沼田 浩 デュプロ 投手
4位 黒木 純司 三菱自動車水島 投手
5位 平松 省二 ヨークベニマル 投手
6位 箕田 卓哉 東海大甲府高 外野手
7位 中西 有希人 東山高 投手
プロ入り後の成績



中日
1位 荒木 雅博 熊本工高 内野手
2位 門倉 健 東北福祉大 投手
3位 藤井 優志 大阪学院大 捕手
4位 渡辺 博幸 三菱自動車川崎 内野手
5位 大塔 正明 近畿大 投手
6位 益田 大介 竜谷大 外野手
7位 日笠 雅人 新日鉄君津 投手
プロ入り後の成績

ダイエー
1位 斎藤 和巳 南京都高 投手
2位 松本 輝 熊本工高 投手
3位 土井 雅弘 新日鉄八幡 投手
4位 佐久本 昌広 大和銀行 投手
5位 高橋 和幸 所沢商高 投手
6位 福田 信一 青森大 投手
プロ入り後の成績



阪神
1位 舩木 聖士 NKK 投手
2位 中ノ瀬 幸泰 西濃運輸 投手
3位 林 純次 東海理化 投手
4位 曽我部 直樹 サンジルシ醸造 外野手
プロ入り後の成績

近鉄
1位 福留 孝介 PL学園高 内野手
2位 岡本 晃 関西大 投手
3位 武藤 孝司 創価大 外野手
4位 倉本 慎也 広島経大 捕手
5位 平下 晃司 日南学園高 外野手
プロ入り後の成績





1995年(平成7年)ってどんな年?
日本レコード大賞 trf「OVERNIGHT SENSATION」
最優秀新人賞 美山純子「桃と林檎の物語」
世相や流行 減肥石鹸&スヴェルト流行 野茂フィーバー
流行言葉 ああ言えば上祐 変わらなきゃ 第7サティアン
社会の出来事 阪神大震災 地下鉄サリン事件
プロ野球の優勝チーム セ:ヤクルト82勝48敗 パ:オリックス82勝47敗1引
プロ野球の最優秀選手 セ:オマリー(ヤクルト) パ:イチロー(オリックス)
春の甲子園優勝校 観音寺中央(バッテリー:久保−森)
夏の甲子園優勝校 帝京(バッテリー:白木−坂本)