ホーム > 年度別ドラフト会議 >
1984年(昭和59年)ドラフト会議 〜ドラフト概要〜


ヤクルト 広島 大洋 阪神 中日 読売 ドラフト概要
近鉄 ロッテ 阪急 西武 日本ハム 南海 選択方法



かい人21面相のグリコ・森永事件があったこの年のドラフト会議は不作とよばれたが、下位指名に実力派が揃った。


●この年の注目は広沢克己と竹田光訓の明治大コンビ
広沢は小山高から、竹田は日大一高から明治大学へ進学。ともに甲子園出場歴はないものの、大学で大きく成長。

東京六大学リーグ戦で通算18本塁打、ロサンゼルス五輪で3本塁打を打ったパワーヒッター・広沢には、日ハム、ヤクルト、西武の3球団の指名が重なり、抽選によりヤクルトが交渉権獲得。

大学通算21勝、日米大学野球で2年連続最優秀選手に選ばれた即戦力候補1投手の竹田には、大洋、巨人、中日の3球団の指名が重なり、抽選の結果、大洋に確定。

プロでは、広沢はヤクルトの四番打者として大活躍するも、竹田はわずか1勝しかできず、現在ベイスターズの広報担当。


●嶋田兄弟(弟・章弘と兄・宗彦)が阪神へ
嶋田兄弟が同一チームに指名され話題になった。
弟の嶋田章弘は、高校2年夏3年夏と二回甲子園へ出場。高校2年夏の甲子園は吉井理人(近鉄2位)の控えで1イニングだけ登板。3年夏の甲子園では優勝候補の一角に名前が挙がるも、優勝した取手二高に1回戦で敗退した。

しかし、「一つ先輩の吉井理人より素質は上」と、プロから高く評価され、 ドラフト会議では広島と阪神が1位指名し、抽選により阪神へ。

プロでは入団1年目の中日戦で7回まで無安打無得点に抑え、将来のタイガースのエースと期待されたが、2年目に肩を壊し、野手に転向

兄の嶋田宗彦は箕島高時代に、2年春、2年夏、3年春、3年夏と、合計四回甲子園へ出場。下手投げエース・石井毅(箕島高〜住友金属〜昭和57年西武3位)とのバッテリーで、3年生の時には甲子園春夏連覇の偉業を達成した。星稜高との延長18回の死闘は今でも高校野球ファンの語り草。

住友金属では日本選手権優勝、阪神入団1年目も日本一を経験。169cmの小さな体ながらファイト溢れるプレイで、一時はレギュラーに。プロ通算成績は、300試合出場 123安打 13本塁打 打率.208。


●安打製造機・正田耕三(新日鉄広畑)は広島2位
市和歌山商〜新日鉄広畑。高校時代は甲子園出場せず。社会人ではロサンゼルス五輪に選ばれ、金メダル獲得に貢献。

プロでは2年目にスイッチヒッターになり、1987年、1988年と2年連続首位打者を獲得。守備も巧く、ゴールデングラブは5回受賞。
プロ通算成績は、1565試合出場 1546安打 44本塁打 打率.287。


●イブシ銀の持ち味・和田豊(日本大)は阪神3位
我孫子高〜日本大。
高校1年夏に甲子園へ出場。本格派右腕・武藤信二(1978年ロッテ4位拒否)を擁し、上位進出を期待されたが、石嶺和彦(昭和53年阪急2位)の豊見城高に初戦で敗退した。

高校卒業後、日大へ進学。大学3年の春の東都大学リーグで.448の高打率で、首位打者を獲得。ロサンゼルス五輪にも選ばれ、金メダル獲得に貢献した。
プロ通算成績は、1713試合出場 1739安打 打率.291。


●その他、指名された主な選手は
投手では、通算86勝の宮本和知(巨人3位)、通算87勝の山崎慎太郎(近鉄3位)、通算54勝15セーブの河野博文(日本ハム1位)

野手では、通算1226安打の鈴木貴久(近鉄5位)、横浜へ移籍した好リードが光る中村武志(中日1位)、1991年に盗塁王の大野久(阪神5位)、通算732安打の秦真司(ヤクルト2位)、1985年度パ・リーグ新人王の熊野輝光(阪急3位)、通算124本塁打を放ったパワーヒッター・高橋智(阪急4位)、ベストナイン二度受賞の福良淳一(阪急6位)、入団1年目と2年目に三割をマークの横田真之(ロッテ4位)、西武黄金時代の遊撃手としてしぶい活躍をした田辺徳雄(西武2位)、三拍子揃った湯上谷宏(南海2位)など、2位以下に実力派が揃った。





1984年(昭和59年)ドラフト会議の結果

広島
1位 杉本 正志 箕島高 投手
2位 正田 耕三 新日鉄広畑 内野手
3位 石橋 文雄 広陵高 内野手
4位 熊沢 秀浩 中部大春日丘高 捕手
5位 中村 基昭 愛工大名電高 捕手
プロ入り後の成績
  

中日
1位 中村 武志 花園高 捕手
2位 川畑 泰博 洲本高 投手
3位 古川 利行 日本鋼管 投手
4位 江本 晃一 上宮高 投手
5位 米村 明 河合楽器 投手
6位 神山 一義 横浜高 外野手
プロ入り後の成績

巨人
1位 上田 和明 慶応大 内野手
2位 藤岡 寛生 三田学園高 内野手
3位 宮本 和知 川崎製鉄水島 投手
4位 佐藤 洋 電電東北 内野手
5位 井上 真二 熊本工高 外野手
6位 藤本 健治 東海大相模高 内野手
プロ入り後の成績

阪神
1位 嶋田 章弘 箕島高 投手
2位 佐藤 秀明 日立製作所 投手
3位 和田 豊 日本大 内野手
4位 嶋田 宗彦 住友金属 捕手
5位 大野 久 日産自動車 外野手
6位 山口 重幸 岩倉高 投手
プロ入り後の成績

ヤクルト
1位 広沢 克己 明治大 内野手
2位 秦 真司 法政大 捕手
3位 柳田 浩一 鳴門商高 内野手
4位 増永 祐一 鹿児島商工高 投手
5位 大江 弘明 大商大堺高 外野手
6位 乱橋 幸仁 旭川大高 投手
プロ入り後の成績

大洋
1位 竹田 光訓 明治大 投手
2位 日野 善朗 新日鉄大分 内野手
3位 蒲谷 和茂 関東学院六浦高 投手
4位 長谷川 国利 東海大 外野手
5位 杉浦 幸二 碧南工高 投手
6位 岡本 哲司 神戸製鋼 捕手
プロ入り後の成績

阪急
1位 白井 孝幸 豊川高 投手
2位 古溝 克之 専売公社東北 投手
3位 熊野 輝光 日本楽器 外野手
4位 高橋 智 向上高 投手
5位 二宮 正己 熊本工高 投手
6位 福良 淳一 大分鉄道管理局 内野手
プロ入り後の成績

ロッテ
1位 笠原 栄一 佐波農高 投手
2位 小川 博 青山学院大 投手
3位 岡部 明一 中央大 外野手
4位 横田 真之 駒沢大 外野手
5位 金沢 健一 棚倉高 投手
6位 伊藤 優 東芝府中 投手
プロ入り後の成績

西武
1位 大久保 博元 水戸商高 捕手
2位 田辺 徳雄 吉田高 内野手
3位 高山 郁夫 元プリンスホテル 投手
プロ入り後の成績
  
  
  

近鉄
1位 佐々木 修 近大呉工学部 投手
2位 吉田 剛 取手二高 内野手
3位 山崎 慎太郎 新宮高 投手
4位 山下 和彦 新日鉄大分 捕手
5位 鈴木 貴久 電電北海道 外野手
6位 田崎 正明 電電近畿 投手
プロ入り後の成績

南海
1位 田口 竜二 都城高 投手
2位 湯上谷 宏 星稜高 内野手
3位 大塚 義樹 向上高 捕手
4位 松崎 秀昭 鎮西高 投手
5位 岩田 由彦 電電九州 投手
6位 坂口 千仙 九州産大 内野手
プロ入り後の成績

日本ハム
1位 河野 博文 駒沢大 投手
2位 西村 基史 新日鉄広畑 投手
3位 早川 和夫 三菱重工横浜 外野手
4位 山蔭 徳法 盛岡商高 投手
5位 森 範行 岩倉高 内野手
6位 丑山 努 橘高 捕手
プロ入り後の成績





1984年(昭和59年)ってどんな年?
日本レコード大賞 五木ひろし「長良川艶歌」
最優秀新人賞 岡田有希子「恋はじめまして」
世相や流行 エリマキトカゲが茶の間のスターに
流行言葉 まじ? 教官! 禁煙パイポ
社会の出来事 かい人21面相のグリコ・森永事件 新紙幣発行
プロ野球の優勝チーム セ:広島75勝45敗10引 パ:阪急75勝45敗10引
プロ野球の最優秀選手 セ:衣笠祥雄(広島) パ:ブーマー(阪急)
春の甲子園優勝校 岩倉(バッテリー:山口−浅見)
夏の甲子園優勝校 取手二(バッテリー:石田−中島)