ホーム > 年度別ドラフト会議 >
1986年(昭和61年)ドラフト会議 〜ドラフト概要〜


ヤクルト 広島 大洋 阪神 中日 読売 ドラフト概要
近鉄 ロッテ 阪急 西武 日本ハム 南海 選択方法



この年は高校生に怪物サウスポーが出現。その名は近藤真一(享栄高)、五球団が競合した。大学生組では阿波野秀幸(亜細亜大)が人気となり、三球団の指名が重なった。


●怪物左腕・近藤真一(享栄高)に五球団が競合
享栄高のエースとして、高校3年春・夏の二回甲子園出場。春の甲子園は新湊高と対戦し、被安打3、奪三振12の力投も、味方の援護に恵まれず0−1で惜敗。

負けた悔しさをバネに再び戻ってきた夏の甲子園では、初戦の唐津西高戦で、被安打1、奪三振15の完封勝利を飾った。

翌日のスポーツ紙は、「素晴らしい。即戦力だ」(ヤクルトスカウト)、「カーブが切れ過ぎて審判がボールにとるくらい。ほれぼれする。カーブだけで飯が食える」(巨人スカウト)、「将来20勝クラスの投手の素材」(西武スカウト)等、絶賛の嵐。

ドラフト会議では、阪神、広島、日本ハム、中日、ヤクルトの5球団が1位指名し、中日の星野新監督が見事当たりくじを引き当てた。

プロでは1年目・初先発初登板の巨人戦で、ノーヒットノーランを達成する衝撃的なデビューを飾り、世間をあっといわせたが、入団3年目に左肩を故障、二度の手術も復活できず。


●阿波野秀幸(亜細亜大)に大洋、巨人、近鉄の3球団が競合
神奈川・桜丘高〜亜細亜大。高校時代は甲子園出場歴なし。大学でメキメキ力をつけ、東都大学リーグ通算32勝をあげた。パンチ佐藤(平成元年オリックス1位)は大学の同級生。

ドラフト会議では在京球団を希望するが、大洋、巨人、近鉄の3球団が競合し、抽選により希望外の近鉄が交渉権獲得。

プロでは入団1年目に15勝をマークし、新人王を獲得。入団3年目に19勝8敗1セーブの好成績で最多勝を獲得するとともに近鉄の優勝に大きく貢献。結局、ドラフト会議で競合した3球団全てに在籍し、全てで優勝を経験した。プロ通算75勝。


●西武はあっと驚く隠し玉・森山良二を1位指名
福岡大大濠高〜北九州大中退〜ONOフーズ。高校時代は高校3年夏の甲子園に出場し、1勝をあげた。

早稲田大を目指したが受験に失敗。2浪の後、北九州大に入学するも中退し、小倉のコンビニでアルバイトをしていて、この1年間、全く野球をやってなかったとか。あっと驚く「隠し玉」として西武に1位指名された森山は、入団二年目に10勝をあげ新人王を獲得し、西武スカウト陣の眼力の高さが証明された。しかし活躍したのはこの1年だけ。


●日本ハムは外れ1位で西崎幸広(愛知工大)を指名
瀬田工高 〜愛知工大。高校3年の時、控え投手としてセンバツに出場するが、明徳高に0−11と大差で初戦敗退。大学で力を付け、愛知大学リーグ記録となる通算37勝、日米野球にも選出された。

ドラフト会議では近藤(享栄高)のくじに外れた日本ハムに1位指名され入団。プロ1年目に15勝し、阿波野と最後まで新人王を争ったが惜しくも落選。入団2年目に最多勝を獲得し、押しも押されぬファイターズのエースに。2001年に引退、プロ通算122勝。


●その他、指名された主な選手は
「ギャオス」とよばれ人気があった内藤尚行(ヤクルト3位)、1996年に本塁打王のタイトルを獲得した山崎武司(中日2位)、 1995〜1997年にかけて三年連続盗塁王の緒方孝市(広島3位)、プロ通算43勝の猪俣隆(阪神1位)、メジャーへ移籍した木田優夫(巨人1位)、1990年に28本塁打を放った八木裕(阪神3位)、1992年に盗塁王になった飯田哲也(ヤクルト4位)、通算282本塁打の藤井康雄(阪急4位)などが指名された。





1986年(昭和61年)ドラフト会議の結果

広島
1位 栗田 聡 三菱重工神戸 投手
2位 小野 一也 小倉常磐高 投手
3位 緒方 孝市 鳥栖高 内野手
4位 望月 一 静岡高 投手
プロ入り後の成績
   
   

巨人
1位 木田 優夫 日大明誠高 投手
2位 水沢 薫 河合楽器 投手
3位 高田 誠 法政大 捕手
4位 樽見 金典 柳川高 投手
5位 勝呂 博憲 日本通運 内野手
6位 緒方 耕一 熊本工高 内野手
プロ入り後の成績

阪神
1位 猪俣 隆 法政大 投手
2位 島尾 康史 東洋大姫路高 投手
3位 八木 裕 三菱自動車水島 内野手
4位 多岐 篤司 神戸弘陵高 投手
5位 高橋 昌也 大阪商大 投手
6位 真鍋 勝己 関西高 投手
プロ入り後の成績

大洋
1位 友利 結 興南高 投手
2位 石井 章夫 慶応大 捕手
3位 松村 高明 池田高 投手
4位 大野 雄次 川崎製鉄千葉 内野手
5位 塩崎 兼一 八幡浜高 投手
6位 榊原 勝也 北陽高 外野手
プロ入り後の成績

中日
1位 近藤 真一 享栄高 投手
2位 山崎 武司 愛工大名電高 捕手
3位 西村 英嗣 柳川高 投手
4位 荒川 哲男 大宮東高 内野手
5位 長谷部 裕 享栄高 捕手
6位 本村 信吾 熊本鉄道管理局 外野手
プロ入り後の成績

ヤクルト
1位 西岡 剛 近畿大 投手
2位 土橋 勝征 印旛高 内野手
3位 内藤 尚行 豊川高 投手
4位 飯田 哲也 拓大紅陵高 捕手
5位 佐々木 重樹 泉館山高 投手
6位 鈴木 康博 日光高 外野手
プロ入り後の成績

西武
1位 森山 良二 福岡大大濠高出 投手
2位 中村 日出夫 三養基高 内野手
3位 小川 宗直 (株)大仙 投手
4位 山本 勝則 川根高 投手
5位 亀井 猛斗 群馬中央高 投手
6位 山尾 伸一 都城西高 外野手
プロ入り後の成績

近鉄
1位 阿波野 秀幸 亜細亜大 投手
2位 中村 良二 天理高 内野手
3位 真喜志 康永 東芝 内野手
4位 中藤 義雄 プリンスホテル 内野手
5位 杉本 拓也 熊本工高 外野手
6位 大村 慎次 滝川ニ高 外野手
プロ入り後の成績

阪急
1位 高木 晃次 横芝敬愛高 投手
2位 山越 吉洋 本田技研 内野手
3位 中嶋 聡 鷹巣農林高 捕手
4位 藤井 康雄 プリンスホテル 内野手
5位 島袋 修 八幡大 捕手
プロ入り後の成績
  

ロッテ
1位 関 清和 専修大 投手
2位 森 廣二 岡山理大付高 投手
3位 青柳 進 西日本短大付高 捕手
4位 佐藤 幸彦 拓大紅陵高 内野手
5位 永野 吉成 熊本工高 投手
6位 大美 健二 岡崎工高 投手
プロ入り後の成績

日本ハム
1位 西崎 幸広 愛知工大 投手
2位 筒井 孝 松戸馬橋高 外野手
3位 名洗 将之 印旛高 内野手
4位 南出 仁 大阪商大 捕手
5位 川村 正太郎 松商学園高 内野手
6位 広野 准一 日大山形高 投手
プロ入り後の成績

南海
1位 田嶋 俊雄 日本生命 投手
2位 森 浩之 東洋大 捕手
3位 右田 雅彦 NTT九州 外野手
4位 大塚 賢一 習志野高 投手
プロ入り後の成績





1986年(昭和61年)ってどんな年?
日本レコード大賞 中森明菜「DESIRE」
最優秀新人賞 少年隊「仮面舞踏会」
世相や流行 ファミコンが大人気に 土井たか子フィーバー
流行言葉 タンスにゴン亭主元気で留守がいい
社会の出来事 三原山大噴火 チャールズ皇太子とダイアナ妃が来日
プロ野球の優勝チーム セ:広島73勝46敗11引 パ:西武68勝49敗13引
プロ野球の最優秀選手 セ:北別府学(広島) パ:石毛宏典(西武)
春の甲子園優勝校 池田(バッテリー:梶田−藤原)
夏の甲子園優勝校 天理(バッテリー:本橋−藤本)