ホーム > オリックス・ブルーウェーブ > 
1977年(昭和52年)ドラフト会議 〜阪急ブレーブス〜


ヤクルト 広島 大洋 阪神 中日 読売 ドラフト概要
近鉄 ロッテ 阪急 クラウン 日本ハム 南海 選択方法



1位 松本正志 (東洋大姫路高 投手)
年度 所属 試合 勝数 負数 S数 投球回 防御率
1978年 阪急 6 0 0 0 13 4.15
1979年 阪急
1980年 阪急 9 1 1 0 30 2/3 7.55
1981年 阪急 10 0 0 0 17 1/3 5.82
1982年 阪急 1 0 0 0 3 3.00
1983年 阪急 4 0 0 0 6 15.00
1984年 阪急 2 0 2 0 10 1/3 6.10
1985年 阪急
1986年 阪急
1987年 阪急
引退

一軍通算成績 32 1 3 0 80 1/3 6.83


選手名 松本 正志 (まつもと しょうじ)
経歴 兵庫・東洋大姫路高
身長・投打 178cm 左投左打
夏の甲子園 1977(昭和52)



2位 三浦広之 (福島商高 投手)
年度 所属 試合 勝数 負数 S数 投球回 防御率
1978年 阪急 8 4 1 0 33 2/3 3.44
1979年 阪急 19 7 10 0 126 1/3 4.21
1980年 阪急 9 3 3 0 48 2/3 4.22
1981年 阪急
1982年 阪急
1983年 阪急
引退

一軍通算成績 36 14 14 0 208 2/3 4.09


選手名 三浦 広之 (みうら ひろゆき)
経歴 福島・福島商高
身長・投打 187cm 右投右打
夏の甲子園 1977(昭和52)



3位 米村理 (郡山高 内野手)
年度 所属 試合 打数 安打 本塁打 盗塁 打率
1978年 阪急
1979年 阪急
1980年 阪急 1 1 0 0 0 .000
1981年 阪急 15 4 0 0 0 .000
1982年 阪急
1983年 阪急 91 63 20 3 0 .317
1984年 阪急 68 14 1 0 1 .071
1985年 阪急 20 6 1 0 0 .167
1986年 阪急 45 73 24 3 0 .329
1987年 阪急 41 42 8 1 0 .190
1988年 阪急
引退

一軍通算成績 281 203 54 7 1 .266


選手名 米村 理 (よねむら おさむ)
経歴 奈良・郡山高
身長・投打 184cm 右投右打
夏の甲子園 出場せず



4位 小林晋哉 (神戸製鋼 外野手)
年度 所属 試合 打数 安打 本塁打 盗塁 打率
1978年 阪急 19 8 2 0 2 .250
1979年 阪急 11 4 1 0 0 .250
1980年 阪急 26 72 18 4 3 .250
1981年 阪急 121 380 107 3 6 .282
1982年 阪急 110 320 84 9 7 .263
1983年 阪急 78 157 32 4 5 .204
1984年 阪急 116 343 95 13 9 .277
1985年 阪急 87 165 42 6 4 .255
1986年 阪急 85 142 31 6 2 .218
1987年 阪急 57 72 15 2 3 .208
引退

一軍通算成績 710 1663 427 47 41 .257


選手名 小林 晋哉 (こばやし しんや)
経歴 兵庫・育英高→京都産業大→神戸製鋼
身長・投打 170cm 左投左打
夏の甲子園 出場せず



5位 工藤博義 (新日鉄八幡 外野手)
年度 所属 試合 打数 安打 本塁打 盗塁 打率
1978年 阪急
1979年 阪急
1980年 阪急 1 0 0 0 0 .000
1981年 阪急 1 1 1 0 0 1.000
引退

一軍通算成績 2 1 1 0 0 1.000


選手名 工藤 博義 (くどう ひろよし)
経歴 福岡・折尾高→新日鉄八幡
身長・投打 180cm 右投右打
夏の甲子園 出場せず



6位 金本誠吉 (本田技研鈴鹿 投手)
年度 所属 試合 勝数 負数 S数 投球回 防御率
1978年 阪急
1979年 阪急
1980年 阪急 9 0 2 1 30 6.60
1981年 阪急 15 0 1 0 43 4.40
1982年 阪急
1983年 阪急 29 1 3 1 70 4.50
1984年 阪急 3 0 0 0 1 1/3 27.00
1985年 阪急 21 0 1 0 36 2/3 4.17
1986年 阪急 1 0 0 0 3 3.00
引退

一軍通算成績 78 1 7 2 184 4.89


選手名 金本 誠吉 (かなもと せいきち)
経歴 愛知・中京高→本田技研鈴鹿
身長・投打 181cm 右投右打
夏の甲子園 1972(昭和47)